• JRIN Group

4000トンのチーズ

タンボフ地域のチーズ生産は、2021年に13%増加しました。ロシア農業省によると、タンボフ地域のチーズメーカーは、2021年の初めから約4000トンのチーズを生産しており、これは昨年の同時期よりも13%多い数字です。 現在、チーズメーカーは、最も舌の肥えた顧客が、好みのチーズ出会える品揃えを取り揃えることに大きな注意を払っています。企業は、伝統的なハード、セミハード、ソフトチーズの豊富な品揃えだけでなく、高級チーズも生産しています。 それは、ヤギ、フェヌグリーク、トリュフ、イタリアンハーブ、クルミ、ヨーグルトなど、さまざまな具材が入ったセミハードチーズです。

タンボフチーズの主な生産者は、ボンダルスキーチーズファクトリー、ノボポクロフスキーバター、オービタ、ドルジババター、モルシャンスキーバターです。総生産量に占めるシェアは98%以上です。

0回の閲覧0件のコメント