• JRIN Group

2022年からカレリア共和国にロシアで最初のロボット農場

2022年からカレリア共和国にロシアで最初のロボット農場の建設が開始されます。投資プロジェクトの枠組みの中で、トルヴエ村に2,000頭の乳牛と1,200頭の乳牛を収容できるロボット酪農施設をヴェドロゼロ村に建設することが計画されています。

カレリアの国有企業の近代化は、この地域の南部での酪農の収益性を高めるために必要であると説明しています。共和国のラビノフ農水大臣は、トルブイスキー農場とヴェドロゼルスキー農場の現在の労働条件は、ほとんどが手動であり、現状では従業員で必要な量まで生産性を上げることができず、近代化は多くのことの改善が望めると述べました。

閲覧数:0回0件のコメント