• JRIN Group

輸送システムの開発

ロシアのウラジーミルプチン大統領は、サンクトペテルブルクとレニングラード地域の輸送システムの開発に関する会議の議長を務めました。

交通インフラの包括的な開発の一環として、現在建設中のサンクトペテルブルクからモスクワへ、そしてモスクワからカザンを経由してエカテリンブルクまでの高速道路により、バルト海とウラル山脈を結ぶことが可能になります。

公共交通機関の開発では、サンクトペテルブルク政府は、公共交通機関を環境にやさしい国産の天然ガス燃料に切り替えることを決定しました。

官民パートナーシップのメカニズムなどを通じて、予算外の資金源から積極的に資金が集っています。知事によると、このツールを使用して、総投資額3,280億ルーブルの17のプロジェクトが実施されています。

0回の閲覧0件のコメント