• JRIN Group

日本の産業用ロボット・高精度工作機械メーカー

日本の産業用ロボット・高精度工作機械メーカーであるファナック株式会社が、スコルコボにエンジニアリングセンターを開設しました。同センターは、ロボット化、工作機械、精密鋳造、高精度フライス加工、電食加工の分野で、ロシア企業の新しいアイデアの開発、改善、導入を支援する予定です。

新センターのショールームは7,000平方メートルの広さを誇ります。ロシア企業やファナックアカデミーの製品を事前にテストできるラボがあります。また、日本のメーカーが開発した最新技術も展示されています。ロシア初の5Gインダストリアル・インターネット・プロジェクトのデモンストレーションも行われます。

日本企業はこのプロジェクトに10億ルーブル以上を投資しています。ファナックのロシア支社長であるアレクサンダー・ヤシュキンは、このセンターは、ロボット製作者、工作機械メーカー、エンジニア、メーカー、起業家など、すべての市場の参加者に開かれていると述べています。

0回の閲覧0件のコメント