• JRIN Group

大気中の排出物の含有量を監視するためのチップを開発しました。

ロシアの科学者たちは、大気汚染を監視するためのチップを発明しました。

サンクトペテルブルク州立電気工科大学とサラトフ州立工科大学の研究者は、大気中の排出物の含有量を監視するためのチップを開発しました。

原則として、大気汚染のレベルを検出するために、特別に高価で移動しないガス分析システムが使用されます。

このデバイスは、わずか5グラムの重さのマルチセンサーチップです。いくつかの吸着化学センサーで構成されているため、空気中の複数のガスの存在を一度に判断できますが、市場に出回っている類似体は1種類のガスしか識別できません。

科学者によると、この開発は、環境モニタリングを実施する際の環境企業、室内の空気の状態を分析する際の大規模産業、および医療行為に役立つ可能性があります。

0回の閲覧0件のコメント