• JRIN Group

ロシア産業貿易省は、同国での免税実験期間を2022年12月31日まで延長し、さらに5つの地域に拡大することを提案しました。

アムール、ウラジミール、イルクーツク、プスコフ地域、カムチャツカ地方などへの拡大は、起業家活動と外国人観光客の間で需要のある商品の生産の増加が期待されます。 免税は、ユーラシア連合以外の国からの観光客による購入に適用されるVAT還付システムです。同省によると、パイロットプロジェクトの実施では、2018年から2020年にかけて、外国人観光客による購入額は約380億ルーブルに達し、VAT補償のために事業者に提示された免税小切手の額は200億ルーブルを超えました。

免税サービス付きの商品の購入数が最も多かったのは、中華人民共和国(70%)、ウクライナ(2.6%)、米国(1.9%)、イスラエル(1.8%)、ベトナム(1.7%)、アゼルバイジャン(1.6%)の市民でした。 )、ウズベキスタン(1.3%)、カタール(1.3%)、ドイツ(1%)、アラブ首長国連邦(1%)、タイ(1%)です。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示