• JRIN Group

ロシアの高級不動産の特徴「エリート」不動産クラスとは? PART 1

更新日:5月18日

ロシアの高級不動産の特徴「エリート」不動産クラスとは?

  • 「エリート」不動産クラスの区別と物件の特徴

  • De-Luxe (“А”)クラス

  • Luxe (“А-“)クラス

  • Premium (“В”)クラス

  • Business (“C”)クラス

  • まとめ

「エリート」不動産の区別と物件の種類モスクワにおいての「エリート」不動産市場は居住用不動産市場で占める割合さほど大きくなくても、長期的に高い成長がみられます。「エリート」不動産物件はエリートクラスのマンション、クラブハウス、ペントハウス、エリートクラスの部屋やロフトアパート等です。 主な特徴としては個別の建築デザイン、質の高い建築部材、個別の間取り作成、窓からのパノラマヴィユー、マンション付属の公園緑化とランドスケープデザイン、駐車場、警備等が取り上げられます。「エリート」不動産クラスの物件はユニークで、一流だからこそ高値です。優雅で美しく、最強に快適なライフスタイルを好む客層に人気を持っています。「エリート」不動産物件は多くの場合はハイステータスを表すシンボルとして購入されています。不動産市場では現在、残念ながら「エリート」不動産クラスの一定した区別がありません。Elite, De-Luxe, Luxe, Premium, Business, A, B, Cクラスによく分けられていますが、一定したシステムはまだ決定されていません。ロシア不動産業者組合は居住用不動産市場で物件のクラス・システムを導入しましたが、そのシステムの使用は進められながら、義務付けられていません。その理由で多くの不動産業者は自分のクラス・システムを使用しています。しかし不動産市場は良好に機能するには建設業者はどんな物件を建設しているか、顧客はどんな物件を購入しているか理解しなければなりませんし、不動産業者は全部把握しなければなりません。モスクワ不動産市場では「エリート」不動産物件は次の特徴を持っています。

  • 物件はサドーヴォエ環状道路のその側にもありますが、多くはモスクワの中心部に位置しています。90%以上はモスクワの中央区に建てられています。特に人気なのはハモヴニキ地区、オストジェンカ通り、アルバート通り、トべルスコイ地区です。サドーヴォエ環状道路の外側ならクラスナヤ・プレスニャ通り、プリュシハ通り、フルンジェンスカヤ・ナビェリエズナヤ地区が取り上げられます。その他にもモスクワの西区にあるヴぇルナンドスコゴ大通り、クトウゾフスキ―大通り、レニンスキー大通りとミチュリンスキー大通りが人気です。

  • ユニークな建設プランを基に建てられています。

  • マンションでの部屋の数が限られています。

  • アパートの面積は60㎡以上で、必ず広いキッチンがついています。

  • 天井の高さは3メートル以上で、窓が大きい

  • 居住者は富裕層に属するもののみです。

  • 駐車場が必ず付いています。「エリート」不動産クラスの物件には各アパートに最低1台のパーキングスペースが保障されている地下駐車場があります。ゲストのためには地上駐車場が用意されています。

  • ホームセキュリティーシステムがあります。

  • アパートの技術的設備は近代的で、表面処理用資材としてエコの資材が利用されています。

  • 「エリート」不動産の全クラスにおいて、静かなエレベーター、水道と電気の自律システム、セキューリティーの有無が必須です。

  • インフラ整備ですが、マンション付属公共スペースが必ず管理されています。マンションの裏側にある庭はランドスケープデザイナーのプランを基に整備され、物件の建築スタイルによって、噴水、花壇、ガゼボ等が設置されるのが可能です。

モスクワ不動産市場での物件価格ですが、幅が広く、例えばPremiumとDe-Luxeクラスの平均価格は2倍異なることもあります。さらに窓からのパークヴィユーがある場合、値段は10-30%上がります。特にその点では、パトリアルシイ・プルドィ公園、ムゼイオン公園、エルミタージュ公園、スクベル・デヴィチィゴ・ポリャ公園、ヴォロビヨヴィ・ゴリ地区、ネスクチヌイ・サド公園が人気です。先述べたように、「ビジネス」不動産クラスと違って、「エリート」不動産クラスにはさらに区別があります。 モスクワで使用される区別システムの一つでは、それはDe-Luxe («А»), Luxe («А-»), Premium («В»)という三つのクラスです。次回の記事ではその三つのクラスと「ビジネス(«С»」についてご紹介いたします。※上記の区別システムは、もう長い間モスクワで使用されていて、クラス別に物件の特徴が異なるので、顧客にとっての物件探しをより快適なものにしています。 不動産専門家 シェブチェンコ・タチヤナ

0回の閲覧0件のコメント