• JRIN Group

インフラストラクチャーの開発

サハリン地域政府は、核医学センターを建設するインフラストラクチャーの開発に関する合意に署名しました。

投資プロジェクトは、官民パートナーシップに基づいて実施され、地域や金融開発機関との交渉の過程で投資家を呼び込みます。プロジェクトの第一段階の費用は13億ルーブルを超え、サハリンで90人の雇用を創出するように設計されています。将来のセンターの拠点は、ユジノサハリンスクの地域腫瘍診療所になります。

診断装置は、放射性核種断層撮影法を使用して人間の内臓の研究を可能にし、悪性細胞の蓄積の領域における放射性医薬品の量を示します。このような機器は、日本と韓国の最高の診療所で癌の検出と治療に積極的に使用されています。

2回の閲覧0件のコメント