• JRIN Group

「エコノミー」、「コンフォート」、「ビジネス」と「エリート」

最終更新: 5月18日

大都会であるモスクワは、居住用不動産の選択肢 に富んでいます。フルシチョフ政権時代に建てられた控えめなマンション「フルシチョフカ」もあれば、西洋の一番優れた居住用物件に負けない高級不動産も数々あります。全部の物件を不動産クラスに正確に取分けるのは極めて困難であるが、主に「エコノミー」、「コンフォート」、「ビジネス」と「エリート」という4つのクラスが取り上げられます。

1.「エコノミー」不動産クラス

「エコノミー」クラスのマンションはモスクワの中心部から離れた、工業地帯近くの低級住宅街にあるマンションのことです。主にベッドタウンとモスクワ環状道路MKADの外側に建設されています。「エコノミー」クラス物件の多くは大規模改修を必要とし、防音・断熱性能はあまり優れていません。その他に、およそのマンションには通り抜け部屋がありますし、お手頃の値段だけが長所として取り上げられます。

2.「コンフォート」不動産クラス

このクラスの物件は不動産市場では新たに人気を集め始めています。その理由はお手頃の値段と所在地を除いてビジネスクラスとほぼ同じスペックです。「コンフォート」クラスのマンションは普段「エコノミー」クラスと同じような間取りと面積を保ちながら、技術面と建設面では「ビジネス」クラス同様のスペックが誇られます。「コンフォート」クラスのマンションでは必ず公共スペースと玄関はハイクオリティな設備を備えていて、エレベーターは外国製か共同製となっています。さらに特徴として取り上げられるのは、マンション付属の公園緑化とランドスケープデザインです。

3.「ビジネス」不動産クラス

このクラスのマンションは要求の厳しい客層を対象としていて、オリジナルな建設プランや高いレベルの技術を基に建設されています。「ビジネス」クラスの物件はモスクワ中心部かエコロジーが良くて、富裕層が多く、交通システムとインフラが整っている地区にあります。例えばモスクワの西区、北西区、南西区が取り上げられます。多くの物件は「エリート」クラスに近づいています。その中に、天井の高さは3メートル以上であること、マンション付属地はフェンスで囲まれていて警備されていること、3Kアパートの面積は90㎡以上であること、キッチンの面積は15㎡以上であること等です。その他に質の高い表面処理用資材と設備:エアコン、監視カメラ、各アパートに約2台のパーキングスペースが保障されている地下駐車場、コンシエジュサービスと24時間営業しているテクニカルサポートデスク等です。それでも「ビジネス」不動産クラスの不動産は「エリート」クラスより一つランク下だとされています。

4.「エリート」不動産クラス

「エリート」不動産クラスはモスクワ不動産の最上級であり、この高級マンションは選ばれし富裕層向けに建設されています。

「エリート」不動産物件はモスクワの中心部にあり、必須要件としてはサドーヴォエ環状道路の内側に位置しなければなりません。主な特徴は階数が少ないことと、20~30室ほどのマンションです。「エリート」クラスのマンションでは最上級なレセープションサービス、英語対応コンシエジュと他のサービスデスク、マンション特有のサービススタッフと経営会社が備わっています。公共スペースと玄関スペースでは、貴重な木材や石等の質の高い表面処理用資材が使用されています。地下駐車場では各アパートに2~3台用のスペースがあります。

「ビジネス」不動産クラスと違って、「エリート」不動産クラスにはさらに区分があります。それはDe-Luxe («А»), Luxe («А-»), Premium («В»)という三つのクラスです。

次回の記事ではモスクワの高級不動産の特徴を詳しく紹介いたします。

不動産専門家 シェブチェンコ・タチヤナ

0回の閲覧0件のコメント